浜寺聖書幼稚園
教育理念
私たちは、私たちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。愛のうちにいる者は神のうちにおり、神もその人のうちにおられます。ヨハネの手紙Ⅰ 4:16
理念
 当園は教育の根本を聖書におき、学校教育法に基づく内容を、キリスト教精神をもって保育いたします。個人の人格を尊重し、自主性・創造性を培い、バランスのとれた全人教育を目指します。
 各クラスで毎日行われている礼拝では、園生活の中心となります。すべてのものを創られた神さまを賛美し、祈り、聖書のお話をききながら、神さまに愛され、守られる幸せを伝える保育がなされています。

小学生になって振り返ると、思い切りのびのびと遊べたことを心から喜んでおられる卒園生と保護者の方々の声をよく伺います。教師一同、日々祈りつつ1人1人の子どもたちに愛情いっぱいに接しています。制帽につけた園章(バッジ)には「神は愛なり」と書いてあります。聖書のことばからとったものです。(ヨハネの手続第14章16節)そこに書かれているように、神さまがどれほど私たちを愛しておられるかを知って、神さまを喜び、神さまに喜ばれる姿を求めて行く幼稚園でありたいと思います。

教育方針と環境

いっぱい遊べる幼稚園

 子どもたちは、遊びの中で育ちます。創造力・想像力・対人関係・頑張る力・思いやり・困難を乗り越える力・などを、遊びを通して学んでいきます。

色んな先生がいる幼稚園

 お姉さん先生・お母さん先生・おじいちゃん先生・おばあちゃん先生!!みんなの先生が、子どもたちが大好きで一人ひとりを大切に可愛がって下さいます。

素敵なお庭がある幼稚園

 園庭の中央に大きな大きな、センダンの木があります。季節に応じて色々に変化し、これらの自然物は、子どもたちの遊びの教材になっています。この木の下で子どもたちは、砂と土と水を思う存分に使い、大胆な遊び(穴掘り・山作り等)細やかな遊び(おだんご・かたまり作り等)と、遊びを展開します。

おいしい手作りランチのある幼稚園

 幼稚園の厨房で、週3回 (火・水・木) 3人のお母さん先生が、栄養をよく考え、心を込めて作って下さいます。ランチをみんなで一緒にいただきます。心も体もほっかほか!みんなランチが大好き!年長組は、小学校の給食への準備として、お当番は運搬や配膳のお手伝いをしています。
年齢に応じた保育過程

年少組

「自分が神さまに愛されていることを知る。」
身の回りのことを保育者に助けてもらいながらやってみる。
喜んで登園し、好きな遊びを見つけて楽しむ。
友だちとの関わりを喜び、その中で自己表現ができるようになる。
のびのびと活動に取り組むための基礎作りをする。

年中組

「神さまが自分を愛してくださることを知り、神と人を愛そうとする。」
自分で自分のことができる喜びを知る。
全身を使う遊びを楽しみ、足腰の力を鍛える。
自分が持っている力を出して、意欲的に活動する。
友だちと一緒に目的を持ち、協力しながら活動を展開していく。

年長組

「生活の中で具体的に神と人を愛することを考え、行動しようとする。」
活動に集中して取り組み、目指す課題をやり遂げる喜びを知る。
心も体も鍛えるとともに、のびのびと活動に取り組む柔軟性を養う。
友だちと助け合う喜びを知り、共に育ち合う関係を作る。
探究心を深め、試したり、工夫を重ねて遊びを展開させていく。