浜寺聖書幼稚園
更新情報 RSS
2019-09-10

根っこを育てる保育2

根っこは土の中にあるので、外からは見えません。見えないので、つい早く芽が出ないものかと待ちわびてしまいます。根っこがどんな風に伸びて育っているかなんて、芽の成長に比べればあまり意識しませんね。けれども、この部分がまさに、今の幼児期です。 しっかり太い根をはって上に伸びていく土台を作る時期なのです。
この時期は、しっかり遊び込む時期です!!自分のやりたいことが思う存分出来て、できたね、すごいね!と認めてもらうことで、自信がつきます。大人から与えられた事をやりこなすことよりも、まず自分で選んだ事を自分で考えたり、工夫したり最後まで頑張る経験がとっても大切で、その過程でいっぱい認めてもらって心の根っこがぐんぐん大きくなるのです。
この幼稚園の子どもたちが、たっぷり遊び込んでいることをよく表しているのが園庭です。そして、おもちゃ倉庫の棚に置いてある、いろんな作品です。時間をかけて自分で考えて作ったものです。どのクラスでもその年齢にあった課題のある活動を、毎日入れていますが、必ず外に出て四季折々に変化する大きな栴檀の木の下でのびのびと遊べる時間を取り入れています。自由に遊ぶ時間は放任の時間ではありません。先生たちは、この時間、一人一人の遊ぶ様子をしっかり見て、子どもたちの心の成長につながる言葉をたくさんかけていきます。しっかり遊んで心と体を育てる…これが聖書幼稚園の保育です。
今の時代、情報が多すぎて、親としては子どもが楽しく遊んでいても、こんな遊びをしているだけでは足らないのでは?と不安になったり、~が出来る、出来ない。上手に出来る、早くできる、皆と同じことが出来る…などなど、どうしても目に見える結果で子どもを評価してしまいます。
どうか、今の時期でしか出来ない経験をいっぱいさせてあげてください。これからの人生に必要な、自分で考えること、考えを話せること、また我慢できることや気持ちを切り替えること…これらは全て遊びの中で身に付けていきます。
心の成長には自分と、周りの人との関係づくりもとても大切です。聖書幼稚園では、毎日の礼拝の時間をとおして、神さまが自分のことをどんなに大切に愛してくださっているかを知り、その次に神さまが与えてくださる周りのものや人を思いやり、大切にすることを学びます。お友だちのことを考えることが出来るようになります。クラスのみんなで、心をひとつに神さまに向ける時間です。ありがとうや、ごめんねが、素直な心からでるようになってくれることをわたしたちは願って大切な時間としています。

2019-09-10